【インド】インドの宗教対立(ヒンドゥー教とイスラム教)ー人より牛が大事? Vol.225

インドは多宗教国家!

 

基本的に宗教対立と言えば、キリスト教とイスラム教という構図が一般的ですが、

約9割がヒンドゥー教徒で占められるインドは、

ヒンドゥー教とイスラム教という特別な構図になっています。

 

お互いのことをあまり良く思っていないケースも少なくなく、

こういったことが起こり、たびたび問題となります。

(写真は、道路でくつろぐ神様。)

 

2017年6月に、16歳のイスラム教徒の少年(Junaid Khan)が、

ラマダン明けでデリーで買い物した後、地元に帰る列車の中で、

一緒に乗っていた他の乗客10数名に、リンチされ、殺されました。

一緒に乗っていた彼の兄弟も負傷しています。

http://indianexpress.com/article/india/junaid-khan-lynching-faridabad-ballabhgarh-4741921/

その時にリンチ集団が、彼らに向かって放っていた言葉が、

「Beef Eater」

文字通り、「牛肉を食べる人」なのですが(自分もそうですが)、

これはインドの中では、イスラム教徒に対する悪口にあたります。

 

なぜなら、ヒンドゥー教の中では、牛は神様にあたり、

食べたりするなんて考えたこともありません。

(写真は、人々から拝められる神様。顔が間抜けに見えかねません。)

 

また、皮肉なことに、同じ日に、Jharkhand州(ジャハルカンド)で、

45歳のイスラム教徒が、100人以上の人たちに、牛肉を運んだという疑いで、

リンチされ、殺されています。

http://www.hindustantimes.com/india-news/jharkhand-man-accused-of-carrying-beef-beaten-to-death/story-3fuowiHpgloxAbERlouZ4M.html

 

ヒンドゥー教の一部の過激な集団は、

「Gau Bhakti」(サンスクリット語で「牛を守る」という意味)という名目で、

牛に関係する仕事をする人たちに、危害を加えようとしています。

 

余談ですが、

「インドは世界第二位の牛の輸出国です。(バッファローを含む)」

「神様だから食べられないけど、神様を売ってお金にすることは可能のようです(笑)」

http://beef2live.com/story-world-beef-exports-ranking-countries-0-106903

 

さて、モディ首相も、これら事件から問題が広がっていることを危惧し、

「killing in the name of ‘gau bhakti’ was not acceptable」

(牛を守るという名目で、殺人を犯すことは許されない)

http://timesofindia.indiatimes.com/india/killing-in-name-of-gau-bhakti-not-acceptable-says-modi/articleshow/59378802.cms

と訴えている中、ソーシャルメディアでは、「in the name of」を敢えて使って、

 

「Not In My Name」

「(牛のためで、)私のためではない!」

 

というキャッチフレーズが盛んに叫ばれています。

 

牛が人のための神様であれば、牛を守るために人を殺すことは矛盾しかねません。

「牛肉、とっても美味しいのに、、、食べたらわかるって(笑)!」

 

 

「にほん ブログ村」に登録してます。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

応援いただける方は、クリックお願いします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メールマガジンでも、同じ内容で発行していますので、興味ある方はご登録お願いします。
★メールマガジン登録★
http://www.mag2.com/m/0001616739.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆