【アルゼンチン国内旅行】大自然の南パタゴニアで感動の連続(1)ーそもそもパタゴニアってどんなところ? Vol.386

行ってきましたー、念願のパタゴニア!

前回のメンドーサ編に続いて、アルゼンチン国内旅行第2弾。

今回もたくさんのネタを仕入れてきました(笑)

 

 

まず、「パタゴニア」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?

個人的には、某アウトドアメーカーを最初思い出してしまいます、、、

 

もしくは、氷河を思い浮かべるかもしれません。

もしくは、壮大な山々を思い浮かべるかもしれません。

もしくは、クジラやペンギンのことを思い浮かべるかもしれません。

 

そうなんです、パタゴニアはとても大きいんです。

とある定義によると、

「南アメリカ大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南の地域の総称」

つまり、バリローチェ(Bariloche)も、ウシュアイア(Ushuaia)も、

プエルトマドリン(Puerto Madryn)も、コモドーロ・リバダビア(Comodoro Rivadavia)も、

全て含まれちゃいます。

もちろん、チリ側も含まれます。

 

そんな中で、特に有名なのが、

サンタ・クルス州のロス・グラシアレス国立公園(世界遺産)の中にある、

「ペリト・モレノ氷河」です。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Masakazu Kaz Kobayashi (@kaztango) on

 

ということで、今回は「ペリト・モレノ氷河」を見るために、

パタゴニアの中でも、南に位置する、

「カラファテ(El Calafate)」「チャルテン(El Chaltén)」

という2つの町を拠点に旅行してきました。

 

1、カラファテ(El Calafate)

空港もある、この町は、ロス・グラシアレス国立公園に近く、

ペリト・モレノ氷河を見るための拠点となります。

 

2、チャルテン(El Chaltén)

カラファテから約210km離れた場所に位置する町。

町というより、村と言った方が正確なくらい、小規模ですが、

フィッツロイ(Fitz Roy)という有名な山のトレッキングや、

他の氷河を見るためのトレッキングの拠点となります。

 

 

今回の旅行で、アルゼンチンがもっと好きになりました。

 

次回から、南パタゴニアの大自然を紹介してきます。

 

 

以上です。

 


アルゼンチンへの格安航空券は、「Skyticket(スカイチケット)」がオススメです。

 

アルゼンチン格安ホテルの予約はアゴダがオススメです!

 

 

「にほん ブログ村」に登録してます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ タンゴへ
にほんブログ村

応援いただける方は、クリックお願いします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メールマガジンでも、同じ内容で発行していますので、興味ある方はご登録お願いします。
★メールマガジン登録★
http://www.mag2.com/m/0001616739.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆