【アルゼンチン生活】長期滞在者が直面する、移民局(Migraciones)との戦い(2)ー書類不備で出国し、再入国する際に起きた事件 Vol. 391

前回に続いて、移民局との戦いー第二弾。

【アルゼンチン生活】長期滞在者が直面する、移民局(Migraciones)との戦い(1)ー観光ビザで90日以上滞在した場合の罰金による出国 Vol. 390

2020.07.15

 

出国は思った以上にスムーズでしたが、入国は大変でした。。。

 

 

入国管理局での出来事。

 

KAZ「こちらが無効になった居住許可書とパスポートです」

(有効期限が切れた居住許可書とパスポートを見せる)

移民局職員「なんで無効なの?」

KAZ「更新できませんでした」

職員「なんで更新しなかったの?」

(お、どんどん突っ込んでくる、、、)

KAZ「追加で書類を要求され、手配できませんでした」

職員「なんで手配できなかったの?」

KAZ「インドの無犯罪証明書が、インドに行かないと

手配できないことが判明したからです」

職員「んーこれだけだと入国はできないかもしれない」

「えーーーー、マジで!」、と心の中で叫ぶ)

職員「これ見て」

(と、システムの画面に映った赤字の部分を見せる。

やはり書類不備を指摘されている。)

職員「インドでは何をしてたの?」

KAZ「働いていました。大学で勉強もしていました。」

(お、かなり真面目な人だ、、、運が悪いな、、、)

職員「今回はなんでブラジルに行ったの?」

KAZ「家族に会うためです。」

(もちろん、嘘です笑)

職員「今何をしている?」

KAZ「タンゴを勉強しています。」

職員「今働いているの?」

KAZ「働いていません。」

(就業ビザじゃないので、働いているとは言えない)

職員「働いてないのに、どうやって生活しているの?」

KAZ「今まで働いていたお金でなんとか暮らしています。」

職員「あとどれくらいアルゼンチンにいる予定?」

KAZ「1年ぐらいを考えています。」

職員「んーそれは難しいかも、、、」

「えーーーー!!!」、と心の中で再度叫ぶ)

 

職員「今はどこに住んでいるの?」

KAZ「○○○○○(住所)です」

職員「これは自分で借りてるの?シェアしてるの?」

KAZ「自分が借りています。」

職員「んーこれだけは入国可能か判断できず、

もっと詳細を確認する必要があるので、こっちに来て」

と、彼は私を、奥にある移民局のオフィスに誘導しました。

 

「。。。」

 

待合室のような場所で待つように言われ、

彼は他の職員に私の状況を説明して、話しているようでした。

「うわー、これはまずいパターンだ」とだんだんと不安になってきました。

 

こういう時間は、「ながーーーーく」感じます。

「万が一入れなかったらどうするんだろう?」

考えたくないことを考えながら、目を瞑って、じっと待っていました。

 

すると、別の男性が入ってきて、

「状況を説明して」

と言われました。

 

そこからは、正直に自分の状況と、今後の予定を話しました。

彼が責任者だったようで、一生懸命彼に説明した後、

「じゃあもうちょっと待ってて」

と言われ、しばらく待っていました。

 

その後、

「OK。またね。」

とだけ言われて、入国スタンプが押されたパスポートを返されました。

 

「よ、よかった。。。」

 

手に汗をかきましたが、とりあえず入国できました。

 

 

今後は「観光ビザ」で入出国を繰り返す予定ですが、

入国は、エセイサ空港以外を検討する予定です。

 

とりあえず、マックでコーヒーを飲んで、自分を落ち着かせて、

予約した市内行きのバスへ向かいました。

 

「担当官が真面目だったけど、とりあえず入国できてよかった、、、」

と思って、座席に座ろうとしたところ、、、

 

なんと、すぐ後ろに、さっき入国を検査した担当職員が、

携帯をいじって、座っていました(笑)。

「あっ、、、(笑)」

 

彼も自分を認識したらしく、

「なんて言われたの?」

と聞いてきました。

 

そこからは彼なりの滞在方法のアドバイスをくれて、

良い人だということが分かりましたが、

まさかバスで遭うとは想定していませんでした(笑)。

 

何はともあれ、無事アルゼンチンに入国できましたー

活動再開します!

 

 

以上です。

 


アルゼンチンへの格安航空券は、「Skyticket(スカイチケット)」がオススメです。

 

アルゼンチン格安ホテルの予約は「Hotels.com」がオススメです!

 

 

「にほん ブログ村」に登録してます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ タンゴへ
にほんブログ村

応援いただける方は、クリックお願いします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
メールマガジンでも、同じ内容で発行していますので、興味ある方はご登録お願いします。
★メールマガジン登録★
http://www.mag2.com/m/0001616739.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆